≪ 2018 01                                                2018 03 ≫
 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - - -
 戯言の記事一覧 

 最高のご褒美が欲しい 

甘めにもクールにも、
心をじらす、
愛されるために
生まれたこの軀。

魅られたい。
触れられたい。
感じられたい。

胸の奥で火華が弾ける、
最高のご褒美が欲しい。

 さりげなさが肝 

隠しきらずに
ほんのり透かす。

隠すのではなく、
仄めかす。

大人の女のセクシーは
さりげなさが肝。

 既成事実を作ってしまったら 

禁じられた恋は、
手に入りそうで入らない
永遠の片思いに
とどめておこう。

気持ちでは
どう思おうと罪ではない。

でも、既成事実を
作ってしまったら、
言い逃れはできない。

 言葉にした瞬間 

気持ちは言葉にした瞬間、
目に見えるものになる。

 自分の心の中の「材料」で 

現実は、自分の心の中の「材料」で創られる。

 困難の乗り越え方を知っている人 

困難な出来事が
人を不幸にするのではなく、

出来事が不幸だと
感じることで、
人は不幸になっていく。

幸福な人とは、
困難に襲われない人ではなく、
困難の乗り越え方を
知っている人。

 目先の感情におぼれても 

人を裏切れば、
そのぶんの代価を
支払わなければ
いけないのは、
当然のこと。

目先の感情におぼれても、
なにもいいことはない。

 恋愛は楽しい“眩暈” 

恋愛は楽しい“眩暈”

崩れて、塵になり、
失望するか、
最高の関係を育み、
家族になるか。

 その距離感 

人混みならではの、
「あなたのことなんか見ていませんよ」
という意図的な空気。

誰も非難もせず、
強い興味も示しはしない、
空虚な世界。

けれど視線の端に、
しっかりと収まっている、
その距離感。

 距離感を自ら狂わせたから 

走り続けているのに、
曲がるべき角から、
遠のいていくばかりなのは
なぜなのか。

どこがいけなかったのか。

それは、きっと
距離感を自ら狂わせたからだ。


 ときどきくらいがちょうどいい 

あなたにとっては、
数多い中の
一瞬の出会いと別れだった
かもしれないけど、

わたしにとっては、
とても大切な意味のある
出会いと別れだった。

2年と191日の冬、
夢にしようと思う。

永遠に会うことはないだろうけれど、
同じ空の下で、ときどきあなたのことを
思い出しているわたしのことを、
ときどき思い出してくれたなら、
それだけでいい。

そう・・・ときどきくらいが
ちょうどいい。

 自分がしたい「変化」を 

自分がしたい「変化」を
することを忘れてはならない。

 舞い降りてくるかもしれない 

行き詰まったら、
一度、頭の中をカラッポに
してみよう。

思いがけないカンや閃きが
舞い降りてくるかもしれない。

 ときどき小さな驚きが 

平穏な日々を続けるには、
ときどき小さな驚きが必要。

 見られることを意識した女の品格 

宝石のように美しく、
雪の結晶のように儚く繊細。
見られることを意識した女の品格。

 自分を労わってあげるタイミング 

乾いた風がひんやりと
頬を通り過ぎるたび、
変わりゆく季節を感じる頃、
不思議と切ない気持ちになる。

開放的に思うままに
過ごしてきた若い頃と違い、
理性的になったせいかもしれない。

いわば子供から大人になる
切なさといったところだろうか。

大人の余裕が生まれたら、
今こそじっくりと
自分を労わってあげるタイミング。

 ひとつじゃない 

大切なものはひとつじゃない。

 何処まで行ってもあうはずがない 

一度かけ違えたボタンは、
最初に戻らない限り、
何処まで行ってもあうはずがない。


 あどけない誘惑こそ罪つくり 

ドラマが起こりそうな予感に、
眠っていた本能が目を覚ます。

ドラマティックな
私が覚醒する。

あどけない誘惑こそ罪つくり。

 心で恋することは誰にも迷惑はかからない 

年齢を重ねることを
怖がらないで、
どんどん恋をしよう!

いくつになっても、
初恋のような恋をしたっていい。

結婚してたって、
心で恋することは
誰にも迷惑はかからない。

大人の女性としての
美しさと知性は、
絶大な恋の武器。




 女の魅力のプラスアルファ 

不安が心の片隅に
あるからこそ、
どこか慎ましやかな
魅力が醸し出される。

不安を抱きしめているからこその魅力。

それはとても人間臭い、
女の魅力のプラスアルファ。



 まだ期待している証拠 

不満があるということ自体、
まだ期待している証拠。

 夢見る頃を過ぎたからこそ 

揺らめく夢と
現実の境界線。

気ままに漂う、
つかの間の永遠。

夢見る頃を
過ぎたからこそ、
ファンタジーへ
トリップしたい。

心の中に秘めた妖精と
戯れたい。

 一夜の夢の盛衰 

素肌に降る、淡い星屑の光りを紡いで、
生命の息吹を抱く森へと迷い込む。

このやり場のない胸の高鳴りを
誰かに共有して欲しい。

星明かりに誘われるまま、
一夜の夢の盛衰。

 男は結果を求め 

男は結果を求め、
女はそれに至る過程に
価値を求める。

 女は、開かれた世界に 

男は、
自分だけの閉塞された世界が好き。

女は、
開かれた世界に魅力を感じる。

 男は物事に優先順位を 

男は物事に優先順位をつける。
女は愛着を得たものを一途に大事にする。

 灰になるまで・・・ 

良くも悪くも、
わたしは女をやめられない。

それ以外、他の何者にもなれない。
灰になるまで・・・


 クセがあるのがクセになる 

個性的な香りや
独特の苦味は、
最初に口にしたときは
衝撃的。

でも一度好きになると
クセになる。

クセがあるのが
クセになる。

 毒だと分かっていながらも 

毒だと分かっていながらも、
イケナイものに
惹かれてしまう、
女心のドロドロした
ところだって、
自分の一部。

表面的な道徳性から
完全に解き放たれた、
自身の闇の部分に
目を向けて、
闇の部分の自分も
認めよう。

ブログ2017

Author:☆らむみ☆
性別:♀
血液型:A型
星座:乙女座
誕生日:9月11日
不治の病と闘いながら
日々、邁進中!!

※無断転載を禁じます。
SINCE 01/13/2009

『FC2絵日記』公開中!!
2/21更新

『らむみのHP』公開中!!
~Ramumix~

オリジナルコミック連載中!フォーマット
マンガごっちゃ




line logo - コピー please☆click
E★エブリスタ
by月と☆と妖精ダスト

こんにちは。
コメントありがとうございます。(*^^*)
是非、絵を始めてみてはいかがでしょうか。
私も詩を書くこと以外に、イラストや漫画を描いています。
よろしかったら

今晩は、突然失礼致します。確かに自分で考えるより世界…世の中は広く複雑な気はします。しかし「完全情報」が言葉としてしか成立しないように、自分の知る限りの内で何か

12/08 23:30 井上勇

ありがとうございます。早速リンクさせていただきました。

よろしくお願いします(^O^)

11/19 16:01 鹿田草太

こんにちは。コメントありがとうございます。
コメントせずにいられないなんて・・・すごく嬉しいです。
私の詩に、そんな力があったなんて・・・(//∇//)
元気をもら

はじめまして。なんだか好きな詩でコメントせずにはいられませんでした。ぼくもそんなもの求めながら日々詩を書いています。

ありがとう。

11/18 23:11 鹿田草太

こんにちは。
コメントありがとうございます。

とは言うものの、
すっかり冬になってしまいましたね。(*^_^*)
すでに毛布も出したし、暖房も入れています。

秋は、すがすがしくて
気持ちがいいですね。

ゆったりと秋を
感じたいものですね(^^)

11/07 02:46 坊主おじさん

コメントありがとうございます。

私は浮き沈みが激しいところがあって、
自分に対して否定的になってしまうことがあります。

そんなときに自分に言い聞かせるべく書

この記事も、とても大切なことを
書いておられると思います。

他人からの承認を求めてしまうと
他人に振り回されてしまいがちになりますね。

自分で自分のことを承

10/04 00:06 坊主おじさん

コメント&リンク、ありがとうございます。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

本当にそのとおりだと思います。
とても素敵なブログですね。

ご訪問&コメント、どうもありがとうございました。
リンクさせていただきます。
どうぞよろしくお願い

08/03 10:40 野崎のりこ

こんにちは。
お忙しい中、訪問とコメントありがとうございます。

日記のほうは、facebookに引越してから更新頻度が上がりました。
多いときは、週2回更新しています

最近は忙しくて、なかなかお邪魔することがかわなず、とても残念です。
小さな成功につながるかどうかはわからないなか、小さな努力は続けていきたいと思っています。

Clickすると、↑英訳できます。
FC2以外からお越しの方、ご利用を。
おきてがみ
Please click★


総記事数:

名前:
メール:
件名:
本文:

task.jpg

google
youtube
ニコニコ動画
wikipedia
amazon
楽天
ヤフオク

Powered by escat
 
QR
powered by
3ET