≪ 2017 04                                                2017 06 ≫
 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -
 人∴ニ・ン・ゲ・ンの記事一覧 

 真実にはたどり着けない 

いつも自分が正しいと
思っていて、
ものごとを客観的に
見れないうちは、
真実にはたどり着けない。

 相手に不満を伝えるときには 

相手に不満を伝えるときには、
怒りは悲しみとして表現、
要求は下から目線で伝えよう。

そうすると、
意外とすんなり
受け入れてくれる。

 認めてくれる人がいれば 

認めてくれる人がいれば、
同じ数の人が反感を持っている。

 嫌いという負の感情を抱いても 

嫌いという負の感情を抱いても、
相手にそれほどダメージはない。

むしろ、自分自身に
ダメージやストレスをもたらす。

負の感情は引力を持っていて、
結局は自分に返ってくる。

天に向かって唾を吐くと、
自分の顔に
降りかかってくるのと同じ。

 人を引き寄せる 

何より自分自身が
なにごとにも楽しんで
取り組む姿勢が
人を引き寄せる。

 好きな自分になるために 

好きな自分になるために
装うことは、
悪いことではない。

自分を楽しませるのは、
自分自身。

自分の気持ちと
うまくつき合おう。

 絵空事は人の心を動かさない 

絵空事は人の心を動かさない。

自分の体を通過した
言葉じゃないと、
人の心には響かない。

 どんな生き方を選んでも 

自由と孤独はセット。

それを受け入れた人は
強いし、自分の生活を
楽しめている。

何かを得たら、
何かを失う。

どんな生き方を
選んでも
一長一短。

 自分にだけは、ウソをつかないで 

自分にウソをつくと、
どんどん悪いものが、
自分の中に溜まっていく。

だから他人のためではなく、
自分に正直に生きないといけない。

自分にだけは、
ウソをつかないで。

 真意が定かでないことは 

思い込みから
誤解が生じることもある。

真意が定かでないことは、
軽はずみに
口にしないようにしよう。

 伝えることと伝わることは 

伝えることと
伝わることは違う。

伝わったことだけが、
相手にとっての真実。

 もうひとりの自分が 

もうひとりの自分が
冷静に自分をジャッジすることが
できれば、

人生でぶれそうなときや、
迷ったときに、
もうひとりの自分が
助言してくれるだろう。

 〝伝える〟から〝伝わる〟に 

想いは、ただ自分勝手に
発信したところで、
受け手には届かない。

大切なのは、
〝伝えたいと〟思う
その到達地点を
意識すること。

そうすれば、
想いや気持ちは、
〝伝える〟から〝伝わる〟に
変わる。

 違う景色が見えることがある 

見方を変えて、
距離をおいてみると、
違う景色が
見えることがある。

変わっていくことを
受け入れる勇気を持とう。

固定観念を捨てないと、
進歩がないまま
停滞してしまう。

 思い出という感情が 

思い出という感情がある限り、
昨日を忘れることはない。

 スランプから抜けられる人と抜けられない人との違いは 

スランプから抜けられる人と
抜けられない人との違いは、

ものごとの視点を動かせるか、
自分を客観視できるかだ。

 余計なものは削ぎ落として 

女らしさを忘れず、
だけど肩の力を抜いた
素顔の自分でいたい。

余計なものは
削ぎ落として、
ナチュラルな私でいたい。

 何処かで繋がって 

誰もが誰かと
何処かで繋がっていて、
人は出逢うべきときに
出逢うようになっている。

 今に満足していない人は 

今に満足していない人は
過去に引きずられ、
漠然とした未来への不安を
何かのせいにしてしまいがち。

 誰かと共に生きずには 

他人がひとつ屋根の下で
暮らせば、

さまざまな違和感も
覚える。

それでも人間は、

誰かと共に
生きずには、
いられない。

 相手を認める言葉を 

相手を認める言葉を
送り続ければ、

あなたを認めてくれる人も
増えていくはず。

 権利を主張するばかりではなく 

権利を主張する
ばかりではなく、
まずは義務を
果たそう。

 大切な人とも「NO」と言える関係を 

大切な人とも
「NO」と言える関係を
築こう。

大切なことは、
お互いが無理なく
つきあえる関係を
持てるかということ。

 自分で勝手に 評価しているだけ 

こんな自分が嫌いと
否定する人がいる。

けれど、それは
自分で勝手に
評価しているだけ。

あの人みたいに
なりたいと
他人を羨んでも、
その人もそれなりに
悩んでいる。

大切なことは、
自分の個性を受け入れ、
好きになること。

 不安を取り除ける方法があるとするなら 

日々、漠然と
不安を感じる人が、
不安を取り除ける方法が
あるとするなら、

自分自身で
何かに打ち込み、
毎日を暮らすことに加え、

自分以外の誰かと
つながりを持つことが必要。

 自分を解放させよう 

世間の基準、
評価に捉われず、
自分を解放させよう。

他人からど見られるかより、
自分が、やりたいことに
潔く向かっていこう。

そういうことが、
人間的な魅力や
色々なことに
繋がっていく。

 多くの選択肢の中から 

多くの選択肢の中から
我が道をつかみとって
いけるのは、
若さの特権。

現在の生活や
出会いへの感謝から、
謙虚さと優しさを
持てるのは、
年齢を重ねた者の魅力。

 ふたりでいることの心地よさを 

ふたりでいることの
心地よさを
知ってしまった後に
ひとりになることは、

ふたりになる前に
ひとりきりだったときより、
もっと淋しく感じてしまう。

 “○○してあげる”ではなく 

“○○してあげる”ではなく、
相手のために動くことができるか。

“してあげる”は、
見返りを求めている態度。

見返りを求めずに
助け合えるのが
いい関係。


 自分が変わらない限り 

環境をいくら変えても、
自分が変わらない限り、
同じことを繰り返す。

Author:☆らむみ☆
性別:♀
血液型:A型
星座:乙女座
誕生日:9月11日
不治の病と闘いながら
日々、邁進中!!

※無断転載を禁じます。
SINCE 01/13/2009

『FC2絵日記』公開中!!
5/29更新

『らむみのHP』公開中!!
~Ramumix~

オリジナルコミック連載中!フォーマット
マンガごっちゃ




line logo - コピー please☆click
E★エブリスタ
by月と☆と妖精ダスト

ありがとうございます。早速リンクさせていただきました。

よろしくお願いします(^O^)

11/19 16:01 鹿田草太

こんにちは。コメントありがとうございます。
コメントせずにいられないなんて・・・すごく嬉しいです。
私の詩に、そんな力があったなんて・・・(//∇//)
元気をもら

はじめまして。なんだか好きな詩でコメントせずにはいられませんでした。ぼくもそんなもの求めながら日々詩を書いています。

ありがとう。

11/18 23:11 鹿田草太

こんにちは。
コメントありがとうございます。

とは言うものの、
すっかり冬になってしまいましたね。(*^_^*)
すでに毛布も出したし、暖房も入れています。

秋は、すがすがしくて
気持ちがいいですね。

ゆったりと秋を
感じたいものですね(^^)

11/07 02:46 坊主おじさん

コメントありがとうございます。

私は浮き沈みが激しいところがあって、
自分に対して否定的になってしまうことがあります。

そんなときに自分に言い聞かせるべく書

この記事も、とても大切なことを
書いておられると思います。

他人からの承認を求めてしまうと
他人に振り回されてしまいがちになりますね。

自分で自分のことを承

10/04 00:06 坊主おじさん

コメント&リンク、ありがとうございます。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

本当にそのとおりだと思います。
とても素敵なブログですね。

ご訪問&コメント、どうもありがとうございました。
リンクさせていただきます。
どうぞよろしくお願い

08/03 10:40 野崎のりこ

こんにちは。
お忙しい中、訪問とコメントありがとうございます。

日記のほうは、facebookに引越してから更新頻度が上がりました。
多いときは、週2回更新しています

最近は忙しくて、なかなかお邪魔することがかわなず、とても残念です。
小さな成功につながるかどうかはわからないなか、小さな努力は続けていきたいと思っています。

はじめまして。
コメントありがとうございます。

つらい経験にも、必ず何か意味がある・・・
私は、そう思うようにしています。
体調を崩しているとき以外は、毎日更新

06/16 23:24 らむみ>そよ風

無理に忘れようとせず。。。

大切なことだと思います。

ある人が、つらい経験を踏み台にして
前に進んでいくと教えてくれました。

06/16 21:51 そよ風
Clickすると、↑英訳できます。
FC2以外からお越しの方、ご利用を。
おきてがみ
Please click★


総記事数:

名前:
メール:
件名:
本文:

task.jpg

google
youtube
ニコニコ動画
wikipedia
amazon
楽天
ヤフオク

Powered by escat
 
QR
powered by
3ET