≪ 2017 03                                                2017 05 ≫
 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -
 戯言の記事一覧 

 理由のない不安感に 

理由のない不安感に
襲われながらも、
それを埋めてくれるものが
何か分からない。

それとも、
分からないふりを
しているだけなのか。

 最も官能的でイノセントな遊戯 

まろやかな指先を
素肌に添わせ、
知らなかった自分に
出逢う。

女であることを自覚し、
自分らしさを解き放つ。

成熟した感性を刺激する、
最も官能的で
イノセントな遊戯。

心がとけていく、
明暗のコントラスト。

 地獄行きは片道切符 

不埒な官能が宿る
地獄行きは片道切符。

二度と戻ることは
できない。

 わたしの中の女が溢れ出す 

大人の女の
繊細な可憐さ。
洗練された優美さ。

夜空に咲く花火のように、
芍薬の香りを忍ばせた
胸に秘めた愛らしさ。

隠すより魅せつけたい。

その瞬間、
わたしの中の女が
溢れ出す。

 コンパスのようなもの 

感情は、私たちを
あらゆる方向へ導く
コンパスのようなもの。

そしてときには、
間違った方向に
導いてしまう。

 それでも求めてしまうのは 

限られた情報のなかで、
精一杯の妄想が膨らんでいく。

真実を知ったところで、
事態がどう変わるわけでも、
何ができるわけでもない。

それでも求めてしまうのは、
なぜだろう。

ただの自己顕示欲からなのか、
それとも恋心からなのか、

こころまで
濡れてみないことには、
自分でも分からない。

 “財”は“罪” 

“財”は“罪”
“病み”は“闇”

 知っている誰かかもしれない 

見知らぬ誰かが
わたしを追い求めてる?

見知らぬ誰かが
わたしをエディットしてる?

いや、知っている
誰かかもしれない。

 悩まないことは 

悩まないことは、
自分の感情を無視すること。

 あなたが私を狂わせた 

私は狡い女かもしれない。

でも、私を狡い女にしたのは、
他でもないあなた。

あなたが私を
狂わせた。

だから、
イケるところまで
とことん
付き合って。

 優しい嘘は 

優しい嘘は悲しい現実。

 女は時間を 

女は時間を共有したい生き物。

 見えない真実が 

見えない真実があっても
いいのかもしれない。

 つまらない会話が 

つまらない会話が
普通に出来るのが
夫婦。

当り前に、
明日について
一緒に考えられるのが
夫婦。

 ときに改ざんされる 

記憶は薄れ、
ときに改ざんされる。

 生きた情報を入手することは 

生きた情報を
入手することは、
お金では買えない
とても重要な宝物。

そこから
新しいアイディアや、
生活に役立つことが
たくさん生まれてくる。

 後ろを振り向かないで 

愛し合った余韻に
浸るのは、

終わった文化祭、
綺麗だった花火を
思い返すことと同じ。

その余韻は心に留め、
人生の綺麗な思い出として
額に入れよう。

そうすれば、
次に踏み出せる。

そして、
その思い出以上の
美しい記憶を、
これから作っていこう。

別れを惜しむより、
新しい出会いに
目を向けよう。

後ろを振り向かないで。

 理屈では説明できない感情 

ココロが、
カラダが、
求めている事実。

理屈では説明できない
感情。

分かっているのは、
いつかは終わりが
来る感情だとしても、
それは今ではないと
いうことだけ。

 死ぬほどの努力を 

死ぬほどの努力を人は運という。

 大人の女になったから 

ありふれた毎日の中の
ちょっとした喜びも宝物。

そう思えるように
なれたのは、
本当に大切なものを
知った大人の女に
なったから。

 わたしの匂いは蜜の匂い 

わたしの匂いは蜜の匂い。

美しくなれる予感をくれる
愛の匂い。

運命が送り届けてきたかのような
魅力を持つ、命の匂い。

 女らしくいられる時間は宝物 

忙しく過ぎる日々、
女らしくいられる
時間は宝物。

女であることを
思う存分、
楽しむことができる人は、
輝いている。

 誰よりも軽やかに歩き続けたい 

光が変わる。
空気が変わる。
わたしに風が吹く。

ときには
吹き抜ける風さえ
味方につけて、

誰よりも軽やかに
歩き続けたい。

 繊細な残像が生まれる 

大人の綺麗を
引き出す、
紅と黒のコントラスト。

上品なフェロモンに
繊細な残像が生まれる。

 女という生き物の底知れなさ 

追いかけても、
追いかけても
たどり着けない。

心はまるで
蜃気楼のよう。

女という生き物の
底知れなさ。

 でも、どうにかしたいのが 

どうにもならないのが恋心。

どうしようもないのが恋心。

でも、どうにかしたいのが恋心。

 太陽が輝く季節は 

太陽が輝く季節は、
気持ちに素直に従いたい。

肩の力を抜いて、
夏の風を感じれば、
自然と心が踊りだす。

飾らない等身大の私。
この感覚を大切にしたい。

 カラーレスが 

カラーレスが
今の気分。

私を輝かせる
魔法の色。

 自分らしくいたいから 

自分らしくいたいから
大好きなものは
変わらない。

 “狂気”と“ブラックユーモア”は 

“狂気”と“ブラックユーモア”は紙一重。

Author:☆らむみ☆
性別:♀
血液型:A型
星座:乙女座
誕生日:9月11日
不治の病と闘いながら
日々、邁進中!!

※無断転載を禁じます。
SINCE 01/13/2009

『FC2絵日記』公開中!!
4/22更新

『らむみのHP』公開中!!
~Ramumix~

オリジナルコミック連載中!フォーマット
マンガごっちゃ




line logo - コピー please☆click
E★エブリスタ
by月と☆と妖精ダスト

ありがとうございます。早速リンクさせていただきました。

よろしくお願いします(^O^)

11/19 16:01 鹿田草太

こんにちは。コメントありがとうございます。
コメントせずにいられないなんて・・・すごく嬉しいです。
私の詩に、そんな力があったなんて・・・(//∇//)
元気をもら

はじめまして。なんだか好きな詩でコメントせずにはいられませんでした。ぼくもそんなもの求めながら日々詩を書いています。

ありがとう。

11/18 23:11 鹿田草太

こんにちは。
コメントありがとうございます。

とは言うものの、
すっかり冬になってしまいましたね。(*^_^*)
すでに毛布も出したし、暖房も入れています。

秋は、すがすがしくて
気持ちがいいですね。

ゆったりと秋を
感じたいものですね(^^)

11/07 02:46 坊主おじさん

コメントありがとうございます。

私は浮き沈みが激しいところがあって、
自分に対して否定的になってしまうことがあります。

そんなときに自分に言い聞かせるべく書

この記事も、とても大切なことを
書いておられると思います。

他人からの承認を求めてしまうと
他人に振り回されてしまいがちになりますね。

自分で自分のことを承

10/04 00:06 坊主おじさん

コメント&リンク、ありがとうございます。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

本当にそのとおりだと思います。
とても素敵なブログですね。

ご訪問&コメント、どうもありがとうございました。
リンクさせていただきます。
どうぞよろしくお願い

08/03 10:40 野崎のりこ

こんにちは。
お忙しい中、訪問とコメントありがとうございます。

日記のほうは、facebookに引越してから更新頻度が上がりました。
多いときは、週2回更新しています

最近は忙しくて、なかなかお邪魔することがかわなず、とても残念です。
小さな成功につながるかどうかはわからないなか、小さな努力は続けていきたいと思っています。

はじめまして。
コメントありがとうございます。

つらい経験にも、必ず何か意味がある・・・
私は、そう思うようにしています。
体調を崩しているとき以外は、毎日更新

06/16 23:24 らむみ>そよ風

無理に忘れようとせず。。。

大切なことだと思います。

ある人が、つらい経験を踏み台にして
前に進んでいくと教えてくれました。

06/16 21:51 そよ風
Clickすると、↑英訳できます。
FC2以外からお越しの方、ご利用を。
おきてがみ
Please click★


総記事数:

名前:
メール:
件名:
本文:

task.jpg

google
youtube
ニコニコ動画
wikipedia
amazon
楽天
ヤフオク

Powered by escat
 
QR
powered by
3ET