≪ 2017 08                                                2017 10 ≫
 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

 灰になるまで・・・ 

良くも悪くも、
わたしは女をやめられない。

それ以外、他の何者にもなれない。
灰になるまで・・・


 そんな裁量を身につければ、 

女が逞しく成長し
自立するほど、
男のケアは
反比例して、
目減りしていく。

男にいつまでも
守っていて欲しいのなら、
ずっと弱い女を
演じ続けたほうがいい。

しかし相手は生身の人間。
依存しすぎたら、
潰れてしまうかもしれない。

負担をかけすぎない
レベルで頼る。

そんな裁量を
身につければ、
ふたりの愛は永遠に続く。


 クセがあるのがクセになる 

個性的な香りや
独特の苦味は、
最初に口にしたときは
衝撃的。

でも一度好きになると
クセになる。

クセがあるのが
クセになる。

 すれ違いのオンパレード 

恋愛は、
すれ違いのオンパレード。

 毒だと分かっていながらも 

毒だと分かっていながらも、
イケナイものに
惹かれてしまう、
女心のドロドロした
ところだって、
自分の一部。

表面的な道徳性から
完全に解き放たれた、
自身の闇の部分に
目を向けて、
闇の部分の自分も
認めよう。

 苦手意識を 

苦手意識を
捨てるだけで、
相手との関係は
よくなる。

 ときどき、ビターなナッツの欠片が 

ワクワクする気持ちは、
やる気をくれる。

甘いふわふわのシフォンケーキの中に、
ときどき、ビターなナッツの欠片が
入っている感じ。

 「経験」という記憶の蓄積 

適切な選択に
最短で到達する力は、
「経験」という記憶の蓄積。

 謙遜と言い訳は 

謙遜と言い訳は違う。

 別れか結婚のどちらかを 

恋愛は必ず、
別れか結婚のどちらかを
迎える。

そして、
籍を入れてからは
夫婦のスタート。

 プラスの自意識過剰は 

プラスの自意識過剰は、
たとえ勘違いでも、
ポジィティブに
行動できる。

でもマイナスの
自意識過剰は、
臆病になって、
せっかくのチャンスを
逃してしまう。

 「足りなさ」がない人生には 

「足りなさ」がない人生には
きっと進歩だってない。

 あきらめることは 

あきらめることは、
しばしば、
あきらめないことより
はるかに難しい。

 気持ちの浄化になる 

感情を絵や文字に起こすことは、
気持ちの浄化になる。

自分の心を整理することもでき、
すっきりとリセットできる。

 “怒る”と“キレる”は似て非なるもの 

“怒る”と“キレる”は似て非なるもの。
怒りの感情には生物学的根拠があるが、
キレることは、ただの衝動。

 あえて色に表すなら 

人生は真っ白ではない。

かといって、
真っ黒でもない。

あえて色に表すなら、
濁りきった灰色。

 すべてを知る存在を感じることができれば 

すべてを知る存在を
感じることができれば、

人は強くなり、
何でも乗り越えることが
できる。

知ることは、
愛につながっているから。

 ハズレくじは 

ハズレくじは、
自分で「当たり」に変えればいい。

ただ悲観するのではなく、
何か良い解決策がないか
探すことに、
パワーを注ごう。

 すべてに答えがあるわけではないことを 

すべてに答えが
あるわけではないことを
受け入れよう。

細かいことに囚われて、
本当に大切なことを
見失ってしまわないように。

そして、小さな障害を
わざわざ大きな障害に
仕立てないこと。

 男は弱みを 

男は弱みを見せたがらない。

女は弱みを話して、
連帯感を求める。

 積もることなく、さらさらと流れていく 

男の愛情は雪のようなもの。

相手のことを思うほど、
高く積もる。

一方、女の愛情は水。

積もることなく、
さらさらと流れていく。

 大きな意味をもつ、「大好きだよ」の一言 

ふたりの絆を深めるのは、
やっぱりストレートな愛情表現。

今さら感があるから、
あまり口に出さない人も
多いかもしれないけど、

だからこそ
大きな意味をもつ、
「大好きだよ」の一言。

不思議だけど
愛情を口にすると、
心の中から
さらなる愛情が、
湧き上がってくるのを
感じるはず。

 あぐらをかいてはいけない 

誰かが愛情を
注いでくれることは、
当たり前ではない。

その愛情に
あぐらをかいては
いけない。

 自分軸で生きない人間は 

他人軸で生きている人は、
信念も無ければ人生観も無い。

自分を信じられないから、
自信もつかない。

自分の言動に責任も持てないから、
自分で人生を作ろうともしない。

自分軸で生きない人間は、
無責任だ。

 旬であり続けたい 

初めて私を女にしたのは
貴方でなくとも、

これから生きている限り、
私を女であり続けさせるのは貴方。

いづれ世の中が
私に終わりを告げたとしても、
貴方にとっての私は
旬であり続けたい。

私の粘膜も心も潤せるのは、
永遠に貴方だけ。

 無理をして固執して 

無理をして固執して、
次に進めないのなら、
何のためにそこに
こだわっているのか。

動かなければ
何も始まらない。
その気づきが大切。

 禁断の恋は“夢物語”ではない 

禁断の恋は“夢物語”ではない。

夢から覚めたその後も、
人生は続くことを
忘れてはいけない。

 問題を解決する能力とは 

問題を解決する能力とは、
理屈や正論で
相手を納得させる
ことではない。

現実を受け入れて、
現実を望むように
変える努力をすること。

 努力をやめることのあきらめると 

努力をやめることの
あきらめると、
無理をしないことの
あきらめるは違う。

 流動的で形の定まらないものは 

流動的で形の定まらないものは、
人を不安にさせる。

だからこそ人は、
固定観念に当てはめて、
安心したがる。

Author:☆らむみ☆
性別:♀
血液型:A型
星座:乙女座
誕生日:9月11日
不治の病と闘いながら
日々、邁進中!!

※無断転載を禁じます。
SINCE 01/13/2009

『FC2絵日記』公開中!!
9/19更新

『らむみのHP』公開中!!
~Ramumix~

オリジナルコミック連載中!フォーマット
マンガごっちゃ




line logo - コピー please☆click
E★エブリスタ
by月と☆と妖精ダスト

ありがとうございます。早速リンクさせていただきました。

よろしくお願いします(^O^)

11/19 16:01 鹿田草太

こんにちは。コメントありがとうございます。
コメントせずにいられないなんて・・・すごく嬉しいです。
私の詩に、そんな力があったなんて・・・(//∇//)
元気をもら

はじめまして。なんだか好きな詩でコメントせずにはいられませんでした。ぼくもそんなもの求めながら日々詩を書いています。

ありがとう。

11/18 23:11 鹿田草太

こんにちは。
コメントありがとうございます。

とは言うものの、
すっかり冬になってしまいましたね。(*^_^*)
すでに毛布も出したし、暖房も入れています。

秋は、すがすがしくて
気持ちがいいですね。

ゆったりと秋を
感じたいものですね(^^)

11/07 02:46 坊主おじさん

コメントありがとうございます。

私は浮き沈みが激しいところがあって、
自分に対して否定的になってしまうことがあります。

そんなときに自分に言い聞かせるべく書

この記事も、とても大切なことを
書いておられると思います。

他人からの承認を求めてしまうと
他人に振り回されてしまいがちになりますね。

自分で自分のことを承

10/04 00:06 坊主おじさん

コメント&リンク、ありがとうございます。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

本当にそのとおりだと思います。
とても素敵なブログですね。

ご訪問&コメント、どうもありがとうございました。
リンクさせていただきます。
どうぞよろしくお願い

08/03 10:40 野崎のりこ

こんにちは。
お忙しい中、訪問とコメントありがとうございます。

日記のほうは、facebookに引越してから更新頻度が上がりました。
多いときは、週2回更新しています

最近は忙しくて、なかなかお邪魔することがかわなず、とても残念です。
小さな成功につながるかどうかはわからないなか、小さな努力は続けていきたいと思っています。

はじめまして。
コメントありがとうございます。

つらい経験にも、必ず何か意味がある・・・
私は、そう思うようにしています。
体調を崩しているとき以外は、毎日更新

06/16 23:24 らむみ>そよ風

無理に忘れようとせず。。。

大切なことだと思います。

ある人が、つらい経験を踏み台にして
前に進んでいくと教えてくれました。

06/16 21:51 そよ風
Clickすると、↑英訳できます。
FC2以外からお越しの方、ご利用を。
おきてがみ
Please click★


総記事数:

名前:
メール:
件名:
本文:

task.jpg

google
youtube
ニコニコ動画
wikipedia
amazon
楽天
ヤフオク

Powered by escat
 
QR
powered by
3ET